■お祭りの概要

1.祇園祭 歴史のあらまし

七九四年、桓武天皇は「風水」から東に川(鴨川)西に大きな道(山陰道)南に海・湖(巨椋池)北に山(北山)、また、東青龍、西白虎、南朱雀、北玄武の四神相応の地に、鬼門封じに比叡山延暦寺、鬼門守護には狸谷に不動明王、赤山禅院に泰山府君、幸神社に猿田彦大神。前鬼門に大将軍、北方守護に毘沙門天の鞍馬寺、東方守護に将軍塚、羅城門の両側に東寺西寺、御霊を慰める上御霊神社と神道、仏教、陰陽道で護りを固めた平安京に遷都された。都市化された京都の民衆は梅雨期の赤痢や食中毒等の伝染病に悩まされるようになり、当時の人々は疫病の流行や突然の災いは、早良(さわら)親王・伊予親王・橘逸成(はやなり)・藤原仲成など、政争に破れた、あるいは冤罪でこの世に怨みを残して亡くなった人の怨霊の祟りと考え、その怨霊を祀り、芸能奉納で慰める御霊会(ごりょうえ)を各神社で開催することで身にふりかかる厄を免れようとした。

貞観(じょうがん)十一年(869)に始まった祇園社の御霊会は祭神の牛頭天王(素戔鳴命)のいわれと伝説から霊験あらたかであったため御霊会の代表格となり、定例化した。

牛頭天王は祇園精舎の守護神で防疫あるいは行疫の神格で神仏習合時代のわが国では「ちまき」のいわれから素戔鳴命と同一視され、御霊を慰めるとともに強い神様に守って戴く、あるいは疫神のご機嫌をとることで京の民衆の厄除け祈願と繋がり、疫病が流行らなかったときは感謝を込め、流行ったときは信仰が足りなかったとして、年々盛んになっていった。

室町期になり、神輿渡御に対する奉納パフォーマンスは下京の町衆に主体は移る。当時の町衆は日本神話、能、謡、中国史話を嗜むことが教養とされ、各町が趣向を競う山鉾巡行の原型が出来あがる。しかし応仁の乱で京の町は灰燼に帰し、焼け出された民衆により全国各地に山鉾巡行の祭が広まった。
三十年間の中断の末、幕府の督促により、明応九年(1500)御霊会は再興し、それまで先陣争いが絶えなかった巡行順をクジで決める「くじ取り」が始まった。(左:くじ取り式・平成十五年)

安土桃山時代には豊臣秀吉が税金を免除し、「寄り町制度」による近隣町からの寄付を受けられるようになった山鉾町は装備、装飾に豪華さに充実を図り、江戸中期にはほぼ現在の形態となった。が、その間、宝永五年(1708)と天明八年(1788)の京都を焼き尽くす大火があり、甚大な被害を受けた。また、元治元年(1864)の禁門の変による兵火でも市内は丸焼けとなり、その都度、町衆は倹約に努め、旺盛な山や鉾を飾る熱意と意欲で旧倍の豪華さを競うように再興した。

明治に入り、神仏分離令で祇園社は素戔鳴命を奉る八坂神社となり、祇園御霊会は祇園祭となる。税金免除も寄り町制度もなくなったが氏子組織や公的機関からの補助金が祭の運営の一助となっている。昭和37年(1962)重要無形有形民俗文化財の指定を受け、山鉾本体や懸装品の修理や新調に補助金が下りるが、指定当時の姿を守らなければならなくなった。


2.祇園(ぎおん)


仏教伝来以後「神と仏は一心同体、表裏一体のもの」とする考えが起こり、平安時代になると本地垂迹(ほんじすいじゃく)(神は仏の仮の姿)という仏上位の思想が起こり、明治の神仏分離まで続いた。牛頭天王は釈迦が25年過ごしたといわれる祇園精舎の守護神で、播磨の広峰に垂迹、四条坊城の梛神社を経て八坂の樹下に迎えられ、やがて初代関白の藤原基経が釈迦に精舎を献上した須達長者に倣って邸宅を献上した。ちなみに平家物語の祇園精舎の鐘は円山音楽堂の西の大雲院に現存し、音楽堂東の双林寺は沙羅双樹林寺を略したもの。

次のページに進む>>